2009年06月29日

マルちゃん関東

小学生
一回戦は各自が気迫のこもった試合をして、最近見られなかった良い試合をした
二回戦の相手は5月の試合で大差で負けている相手だったが、そんな相手にも臆することなく向かっていっていた
結果的に代表戦で負けたものの、次へ期待のできる意味のある敗戦だったようにも思える
よく頑張った

中学生男子
準決勝で宿敵桐蔭に惜敗
まぁ惜敗といってもまだまだ差はある
残りの1ヶ月を精一杯やり遂げたい
二年生しっかりしろ

中学生女子
今大会は田代を海外遠征で欠く形にはなったが、なんとか勝たせてもらった
しかしながらまだ課題もあり、その課題を一人ひとりが修正し、チーム一つとなってやっていきたい私たちの目標は関東ではなく全国なのだから

そしてまた今日も熱い熱い応援をしていただ父兄のみなさんと控えの選手のサポートが私たちの力になってくれた

本当にありがたい
選手は五体満足で柔道ができることに感謝して一生懸命やることが恩返というつもりで1日1日をやってもらいたい

わたしも負けない


posted by 勝 at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 試合日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

さぁ巨人も

プロ野球も交流戦を終え、今日からリーグ内での戦いが再び始まった

首位攻防戦となった巨人対ヤクルト戦は巨人が良い形での勝利で幕をあけた

私的には後半戦は落合監督率いる中日が怖い気もするが、ベテランと若い力がうまい具合に融合している巨人にはこのままいってほしい

私たちも巨人同様に、勢いをつけて全員柔道で進んでいきたい
posted by 勝 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 私生活他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

体が動かぬ

今日は久しぶりに生徒と乱取をして汗を流した

とはいうものの

なんせメタボが進行し体が回らない 

ちょっと私自身が黄色信号です

生徒とともにもっと頑張ってやらないと
posted by 勝 at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 道場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

さぁ

今週をもって定期試験が終わった

来週はマルちゃん杯もあるし、7月に入ると予選が続く

我々相原も例年通り徐々に反撃態勢に入っていきたい


私の知能を懸けたい
posted by 勝 at 23:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 道場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

最近思う

われわれの本文は町道場

小学生・中学生・高校生

順調にいくかは情熱やそれを支える土台次第だ

情熱だけでも無理
土台だけでも無理

そこら辺が最近難しいとつくづく感じる
posted by 勝 at 22:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 私生活他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小学生

先日の全国予選で小学生は惨敗だった

試合後に選手を集め今後について話した

周りは昔に比べて弱くなったとか、中学生のほうが結果を残してるとか色々言っていると思う

しかし私は今の小学生は非常に楽しくやらせてもらっている

たしかにみんな身体が小さく、なかなか成績は残せないではいるが、私はその子たちが中学高校に上がったときに、それが柔道であっても野球サッカーであっても勉強であっても負けない屈しない子を育てたいと思っている

今すごく楽しい
私もエネルギーをもらっている

一勝する大変さを学び、みんなで頑張る大切さを教えたい

頑張ってやろう小学生
posted by 勝 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 道場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

疲れ

巨人が首位を走っている

勝ち星が多いということは、それだけ勝ちパターンである中継ぎ陣の出番も多いということだ

最近では越智・山口両選手が毎試合のように登板している

疲れが心配ですよね

本来であればマイケル中村投手がそこへ加わるのだがなかなか調子が上がってこない

かといって実績のある選手でもあり、簡単には下へは行かせられないだろう

そこでわたしの提案です

現在調子を落としているイ・スンヨプ選手を思い切って二軍へ落とし、もともとは中継ぎ投手だったバーンサイド投手を期間限定で昇格させるというのはどうでしょう

また、近い将来を考えて空いたファーストへラミレスを経験のため使うとか、好調鶴岡選手を捕手で使い、阿部選手をファーストで試すとか…

さらには小笠原選手をファーストにして、若い中井選手や太田選手をサードで使うとか…

無謀ですか?

わたしなら動きますね


あ、ところで…
木佐貫投手 久保投手 
なにやってんだろう
posted by 勝 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕が監督なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

がむしゃら

先日岡田ジャパンがワールドカップ出場を決めた

開始早々にラッキーボーイ岡崎選手がゴール前に飛び込みゴールを決めた

その後は終始押され気味ではあったがなんとか勝利をつかんだ

前にも書いたが、身体能力に劣る日本は相手より走り、さらに前線の選手はもっともっとオフサイド覚悟でがむしゃらにゴール前に飛び込んでほしい

それにあてはまる選手こそが岡崎選手だと思う 

さらにレベルアップを意識し、頑張ってほしいと思う


僕のベスト布陣は

FW
岡崎 2列目に田中(松井)
MF
中村俊 遠藤 中村憲 長谷部
DF
長友 中澤 闘利王 内田
GK
楢崎

ですかね
posted by 勝 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕が監督なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

バルセロナ

今季の欧州サッカーの中心はバルセロナだった

今季から監督が変わり、前季までのチームの不振を見事に立て直した

監督はかつてバルセロナの黄金期を中盤の要であるボランチでプレーしたグアルディオラ(38)である
この伝統のあるチームをなぜまだ40にも満たない監督が立て直すことができたのか

それはやはり選手としてではなく、人間としての意識改革である


目標に向けてひたむきに練習すること 
私生活での怠慢は許されない
原点を忘れない

人として大切なことを彼は徹底して選手に伝えたのである


個人プレーに走りがちなロナウジーニョやデコといった名選手をあっさりと放出したところにも監督の信念も伝わってくる

私も指導として意識を一番重視しているが、いいところはとことんまでも盗みたい

選手は選手でなく人間であるから

posted by 勝 at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 僕が監督なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。