2010年07月22日

ワールドカップ総括

久々の更新で申し訳ありません

南アフリカワールドカップは実力通りの結果となったのではないでしょうか

また、改めて組織の大事さを痛感した

日本は大会前にさんざん叩かれはしたが、選手一人一人が自分の役割を全うし、相手の嫌がるプレイを徹底したことで、好結果が生まれたのだと思う
岡田監督も信念は曲げずとも戦術的な迷いはあったはずだ
しかしながら結果論ではあるが、先にも述べたように全員で相手に迫るような戦術が、功を奏したと私は考えている

私の優勝予想はドイツだったが、優勝はスペイン

現役時代スターだった監督が率いる南米の雄ブラジルとアルゼンチンが苦戦する中、上位は組織力にも個人技にも勝るヨーロッパ勢だった

私は柔道に限らず、さまざまなスポーツからヒントを得るが、今回もこのワールドカップから大きな財産をもらったような気がする

次回はプロ野球前半戦を総括するが、今年の我々のキーワードは…
『組織力』だ
posted by 勝 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕が監督なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

すみません

近日中に大量更新します
posted by 勝 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

負けを力に

卒業生からの連絡が入る

負けました

優勝しました

さまざま

強い選手や息の長い選手は、勝ちを反省し、負けを力に変える

負けに不思議な負けは無く、その負けをいかに明日へ引きずることなく力に変えるか

食・寝・遊・勉強・研究・トレーニング・練習

すべてを全うし、次に生かしてほしい
posted by 勝 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池内杯結果とこれから

中学生は予選に向けての最後のテストマッチ
小学生は現状を知る大事な試合

しかしながら小学生は最後の詰めが甘く初戦敗退
中学生男子はテストというより、現状でのベストメンバーを組まざるをえなかった(3位)
また、女子も課題を露呈した結果となり残念ながらつながる戦いとまではいかなかった(優勝)

関東マルちゃんまで1ヶ月あまり
このままでいいのか

小学生も中学生も気持ちよりも意識的な部分がまだまだだ

このままではスタートラインさえ踏めずに終わってしまう
posted by 勝 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

がんばれ

この季節になると高校や大学の試合が増える

我が中学柔道部を巣立っていったOGやOBも上を目指し日々頑張っていると思う

その代表格である美里も最近では負けなしと破竹の勢いであり、これも本人の努力の賜物だと思う

長いようで短い選手生活では、ときに壁に当たることもあればケガもある

しかしながらどんなときでも前を見て一歩一歩進んでいれば、必ずや頂点が見えてくる

原点を忘れず、己を信じてやってほしい

がんばれ卒業生
posted by 勝 at 22:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

なぜ

昨日サッカーワールドカップの日本代表選手が発表された

なぜなんじゃ〜

なぜ田中達也が入ってない

似た選手入れたってつまらんやろうに

あ〜
posted by 勝 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕が監督なら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

ゴールデンウィーク

今年もハードなゴールデンウィークだった

各選手にとっては今後にむけて財産とするべき黄金週間

初陣の市民選手権
翌日の柔道まつり

ともに日頃の練習の姿そのままのカタチが試合に出ていた

攻めているように見えても気持ちで守りに入っているもの
練習で自らを追い込めないもの

そんな試合ばかりが目立ってしまった

4日は毎年恒例となった埼玉県強化錬成会

全国各地から強豪が集うこの錬成会では、いろんなタイプの選手と試合をすることができるばかりか、私も熱心な先生方の姿を目にすることによって強い刺激を受けることができる貴重な錬成会でもある

自分の弱さや課題など
また、生きのいい一年生諸君ね戦う姿
あれでもかこれでもかと
時間が経つのが早かった

最終日は群馬で育柔杯
今回は記念大会になり、女子の部が新設された

男子
Aチーム 優勝
Bチーム 3回戦敗退

女子
Aチーム 準優勝
Bチーム 優勝

男子は一年生の形としての攻撃力と気持ちとしての攻撃力が素晴らしく、負けても期待ばかりが募る試合をしてくれた
一方の上級生は結果は出たものの、まだまだ全ての面で完成には程遠い試合内容だったように思う
しかしながら多少の成長を見れたことによって、やっとスタートラインに立ったのかなと感じ、少しは期待が持てるようになってきた

女子は力のある一年生と意地を見せたい上級生の戦い
そしてレギュラーを目指すチーム内でのサバイバル
そんな戦いに挑んだ選手たちだったが、内容的にも結果的にも予想通りに近い形になった
あくまでも目標は夏
私なりにシナリオができてきた

最後に
今回の育柔杯は男子にとって久しぶりの美酒?となった
表彰式後の父兄の姿を見て本当に私も力が湧いてきた

応援の力は大きい
信頼感って素晴らしい

夏にはみんなで戦い、みんなで勝ちたい

そんな思い、感謝、しみじみ感じながら高速を飛ばした

本当に熱い応援をありがとうございました


今年のゴールデンウィーク

疲れた

なんて言ってられない

スタートしたんだ

やっと

今年も私のハートと頭脳にスイッチが入った
posted by 勝 at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

先週の試合

先週末は木更津総合高校に遠征し、練習および試合(至真旗)をしてきた
また、残留組と小学生は町田市民大会に出場しました

土曜に高校生に胸を借りたが、相手に気持ちを出して向かうものとそうでないものの差が、はっきり出ていたようにも見えた

日曜日の試合でも、その気持ちのままの結果となったような気がします

野村前監督がよく言ってましたよね

勝ちに不思議な勝ちあり
負けに不思議な負けなし

チーム状況
各個人の課題

いまだに修正ができていない

ピンチはチャンス
ピンチにおかれたときほど自分が成長できるチャンスなんです

今しかないぞ相原
チャンスは今なんだ

一方町田で行われた試合では、なかなか結果も良く内容もよかったと聞きました

とくに小学生は初めて賞状をもらった翔を筆頭に、久しぶりの入賞ラッシュだったのではないかな

少しは意識改革の成果が出てきたかな??




posted by 勝 at 14:36| Comment(9) | TrackBack(0) | 試合日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

リセット

昨日をもって近柔杯で一冠を達成した女子が、ようやくリセットできたのではないかと思う

さぁ新たな歴史をこの手でつくりたい

足は大地に
眼は天に
posted by 勝 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 道場日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

無念

木村コーチが亡くなった

残念でならない

選手として人間として誰からも愛され、指導者としても将来を有望視されてた人がなぜ早くに旅立たなければならないのか

私も何人もの選手を見ているが、どんな主砲よりも彼のような選手こそチームには必要とされる

悔しい

野球と柔道は違う
木村コーチと私とでは住む世界も違う

おかしいと思われても、巨人ファンとして人として彼の分まで頑張りたいと思う

心よりお悔やみ申し上げます
posted by 勝 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。